従業員が仕事と子育てを両立させることができ、従業員全員が働きやすい環境をつくること

によって、その能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。


1.計画期間  平成27年4月1日〜平成37年3月31日


(1)子どもを育てる労働者が利用できる措置の実施

対策 平成27年4月1日〜  三歳以上の子を養育する労働者が申し出た場合に対する所定外労働の制限の実施
目標 本人の申し出があった場合は時間外労働を制限する。

(2)希望する労働者に対する職務や勤務地等の制限

対策 平成27年4月1日〜
労働者が、育児・介護・健康上等のやむをえないと判断する事象の発生により勤務地の変更を申し出た場合の就業地を制限する。 本人の申し出があった場合は時間外労働を制限する。

(3)出産や子育てによる退職者についての再雇用制度の実施

対策 平成27年4月1日〜 希望者に対する説明会の実施

(4)所定外労働削減のための措置の実施

対策 平成27年4月1日〜 残業時間振替休暇制度の利用促進
目標 残業時間振替制度取得者の10%増加

(5)若年者に対するインターンシップの実施

対策 平成27年4月1日〜 就業体験機会の提供